1. ホーム
  2. 評価Cランク DVD一覧
  3. ≫武心道秘伝 気練エクササイズの口コミと効果

武心道秘伝 気練エクササイズの口コミと効果

こんにちは。JDHA公認ダイエットアドバイザーの山田タカユキです。いつもありがとうございます。このページでは”気”の理論を応用したダイエットDVD、「気練エクササイズ」をレビューしています。

実際に購入して中身を確認してからのレビューですので、他にはない情報がたくさん。最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

※30点満点で評価。利便性とはスペース占有率・騒音の度合を指します。ここの点数が低いとマンションでの実践は困難です。

東洋的なスピリチュアル感を前面に

医学博士・伊東絵美奈さんが出演している、東洋の気の理論を応用したエクササイズ「気練エクササイズ」。具体的には気練武心道という武道のエッセンスを応用したもの。監修は伊東さんの師匠・風間健さんが務めています。

気練武心道とはなにか?ということで気練武心道のWEBサイトにお邪魔してみますと、こういった概要が記載されていました。

「気」は私たち人間を含む自然界に流れるエネルギーであり、心と体の調整を担う、生命力の源です。

「練」は、鍛錬する・訓練するという意味合いがあり、従って「気練」とは精神と肉体を鍛錬することにより気の充実をはかり、心と体の真の健康を目指すことです。

そうすることによって一生の間に起こる多様な出会いや出来事から学び、成長し、互いの縁を活かして思いやりのある意義深い人生を送ることそのものが、広い意味での~気練~ともいえます。

アウェークニング・エクササイズのレビューでも書きましたが、一見、もっともらしい説明に見えて、よく考えると意味がわからないといった抽象的な文言になってしまうのが、スピリチュアル系DVDの哀しいところです。

説明は丁寧。12種類のエクササイズ

登場するエクササイズは全部で12種類。いずれも伊東さん、男性司会者、モニター女性の3人が登場します。先に伊東さんが手本を見せ、司会者の質問に答えながらレクチャー。最後にモニター女性を交えて実践するという流れです。

司会者が結構チャラい感じの男性。それが逆に伊藤さんとの会話を軽妙にし、ウィット感を持たせています。たまに会話がエクササイズとは関係ない方向に脱線したりしますが、それもご愛嬌といった感じです。

司会者の質問に対する受け答えは丁寧で好感がもてます。身体運動としては、ごくごく真っ当なことを話していて、その意味では普通のエクササイズDVDと変わらない内容です。

気のエッセンスについては説明不十分

DVD本編では、「ヨガ・中国武術・エアロビクス等のエッセンスを集大成ともいえるエクササイズ」「気の哲学と最新運動理論の融合」と語られています。正直な感想としては、

  • 全身運動によるダイエット
  • メタボ対策
  • 関節運動による老化防止
  • 健康と美容に効果

という点については納得がいきます。しかし、そのあとに語られる

「気を養い、気の充実を図ることによって肉体と精神が調和した内面の美を磨くことができます」

という説明については、よく解りませんでした。というのも、この動きはどういったプロセスで”気”が練られ、どのような根拠をもって気と運動理論が融合しているのか、といった説明が一切ないからです。

本質的には健康・美容体操といったレベル

上記のような理由から東洋的なスピリチュアル感を前面にだして、他のエクササイズDVDとの差別化を図っているというだけであって、本質的にはNHKのテレビ体操と変わらないものだと思います。

本編でも伊藤さんが白い道着をまとって、海の中でエクササイズをするシーンがありますが、こういったシーンが東洋的なスピリチュアル感を醸成する目的でしょう。運動自体はTシャツ・短パン、六畳一間でやっても効果・効能は同じなわけですから。

したがって、気を練る訓練に真剣な興味があるという方には向かない作品です。東洋的なスピリチュアル感に浸って自己満足したいという方にはお奨めかも知れませんが。

また、単に体操として割り切って使用する場合でもダイエット効果は薄く、このDVD単体で短期的に痩身効果を得るのは難しい。となると、コレクションDVDとしての使い道しか残っていないわけですが、amazonでは1万円くらいで売られていますからね・・・。実用性は乏しいといえそうです。

このDVDは、オススメできませんのでリンクはしておりません。
CBIREが推奨するAランクのDVDはこちら>>

The following two tabs change content below.

山田 タカユキ

日本ダイエット健康協会認定のプロフェッショナル・アドバイザー。1993年~2000年までプロ・キックボクサーとして国内外を転戦。そこで培った各種減量法・コンディショニング法を生かしたアプローチが得意。 詳しいプロフィールはこちら>>

最後までお読みいただき、ありがとうございました。今回の記事になにか感じるものがありましたら、下記のソーシャルメディアを使ってシェア・保存をしていただけると嬉しいです。