1. ホーム
  2. コラム
  3. 断糖肉食ダイエットでアンチエイジング!
  4. ≫荒木式断糖肉食ダイエット | 糖質ゼロ食と健康長寿

荒木式断糖肉食ダイエット | 糖質ゼロ食と健康長寿

こんにちは。荒木式断糖肉食ダイエットの記事を担当しております、ハルオです。

今回は「荒木式断糖肉食ダイエットと健康長寿」というテーマでお話したいと思います。

読了まで1~2分のお話です。最後までお付き合いいただけるとウレシイです。では早速いきましょう!

荒木式断糖肉食ダイエットと健康長寿

荒木式断糖肉食ダイエットと健康長寿というのは、一見するとイコールになるのか、よくわかりにくいところがあるでしょう。現代の国内の健康ブームでは糖質制限が華やかですが、それは実に健康の理にかなっていることでもあります。

断糖を実践するダイエット効果は、なかなか落ちなかった体重を順調に落とすことになりますし、健康効果までも招くのですから素晴らしい食事方法です。

現代の日本人の食事というのは、カロリー消費との比率からしても、明らかに食べ過ぎであるというのは明確なものです。

人間の一生のうちで消化酵素を使える量は決まっており、体内の酵素は若さと健康の秘訣でもあります。しかし酵素は有限物質ではなく、いつかは終わりのくるものです。

そして知っておかなくてはいけないのは、酵素を使い切った時に人間は、その生涯を閉じるということです。

これは紛れもない事実であり、その人の持つ酵素の量はわかりませんが、食べれば食べるほど、人生の最後にも早く近づくということになります。

さらに砂糖や炭水化物をたくさん摂取するのは、酵素の無駄遣いにしかなりません。特に白い砂糖に関しては、今まで言われていたような、脳のエネルギー源にはなりません。

それどころか血糖値のアップダウンをさせて、過剰な食欲をわき上がらせたり、精神的に不安定な状態を作り出して、大人や子供などは関係なく、キレやすい人間を作ることになります。

精神面もですが体内での糖化現象に大きく加担をするので、体内の老化現象は促進されます。

健康な細胞までもベトベトの状態になり、体内組織が老化をしていくことで、肌にも若さは消えていきます。

つまり白米やパンに砂糖たっぷりのお菓子、清涼飲料水や砂糖過剰な化学調味料三昧の食事をしていれば、体重も増えていきますが、老化現象も自分で速度を上げることになります。

砂糖は百害あって一利なしであり、荒木式断糖肉食ダイエットを実践することで、ダイエット効果とともに、健康効果までゲットします。

まとめ

・人間の一生のうちで消化酵素を使える量は決まっている。
・砂糖や炭水化物をたくさん摂取するのは、酵素の無駄遣いでしかない。
・荒木式断糖肉食ダイエットを実践して酵素のムダ使いを防ごう!

ボディラインを整えながら生活習慣病ともオサラバ!~断糖ダイエットに興味のあるあなたにピッタリのダイエットDVDはこちら

The following two tabs change content below.
ハルオ

ハルオ

194○年生まれ。山田がよく通った和風創作居酒屋を経営していた過去を持つ。荒木式断糖肉食ダイエットを実践するかたわら、断糖コラムを担当。荒木式断糖肉食ダイエット開始1ヶ月で血糖値が270台から120台まで劇的に低下。体重も1ヶ月で6kg減。往年の名プロレスラー、ザ・デストロイヤーさんとは無二の親友という経歴をもつ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。今回の記事になにか感じるものがありましたら、下記のソーシャルメディアを使ってシェア・保存をしていただけると嬉しいです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。