1. ホーム
  2. コラム
  3. 断糖肉食ダイエットでアンチエイジング!
  4. ≫荒木式断糖肉食ダイエット | 糖質ゼロと糖類ゼロの違いとは?

荒木式断糖肉食ダイエット | 糖質ゼロと糖類ゼロの違いとは?

こんにちは。荒木式断糖肉食ダイエットの記事を担当しております、ハルオです。

今回は「糖質ゼロと糖類ゼロの違いとは?」というテーマでお話したいと思います。

読了まで1~2分のお話です。最後までお付き合いいただけるとウレシイです。では早速いきましょう!

糖質ゼロと糖類ゼロの違いとは?

健康を意識し始めた人に人気が高いのが「糖質」をカットした商品の摂取です。

最近では、ビールなどのアルコール飲料以外にもスイーツ等にもこうした商品が増えています。

糖類の過剰摂取は、体重の増加や生活習慣病のリスクが増えるためできるだけ、普段から控えめに摂取するのが望ましいでしょう。

また、荒木式断糖肉食ダイエットをすることでダイエット効果も期待できます。

最近では「糖質制限ダイエット」なども注目されており、糖の摂取を抑えることで痩せることができると話題になっています。

いざ、「糖質をカットしよう」と思い立ち商品を選ぼうとしたときに気になるのが「糖類ゼロ」と「糖質ゼロ」と書かれた表記についてです。

どちらも同じようなものという認識があるのですが実は違いがあるのです。

栄養表示基準によると「糖質」とは、炭水化物から食物繊維を除いたものの総称し、一方「糖類」は、単糖類、二糖類の総称です。

つまり、糖質は総重量の中で水分、アルコール、タンパク質、脂質、ミネラル、食物繊維のいずれにも属さないもので、糖類のほうは、多くの人がイメージする「砂糖」に近い感じでしょう。

どちらも、炭水化物の一部であることに変わりはありません。

また、「ゼロ」と表記されているものの、健康増進法に基づく栄養表示基準では糖類、糖質共に100ml当たり0.5g未満であればゼロ表示が可能なので、本当にゼロではないことがあります。

そういったことも踏まえて、「糖類ゼロ」という表記を見たら「糖類の使用を避けて甘味料を用いているものである」と認識し、「糖質ゼロ」と書かれていたら糖アルコールや甘味料を使わずにゼロ表示の基準値内で糖類を使用することで糖質ゼロの表示がされていると思っておきましょう。

ですから、「断糖生活がしたい」と思っている方は、「糖」が少ない「糖質ゼロ」と表記されているアルコール飲料やドリンク類、ダイエット食品やスイーツなどを選んで摂取するとダイエット効果や生活習慣病の改善が得られることでしょう。

まとめ

・糖類ゼロ→糖類の使用を避けて甘味料を用いているもの
・糖質ゼロ→ゼロ表示の基準値内で糖類を使用
・断糖ダイエッターは「糖質ゼロ」を選ぼう!

ボディラインを整えながら生活習慣病ともオサラバ!~断糖ダイエットに興味のあるあなたにピッタリのダイエットDVDはこちら

The following two tabs change content below.
ハルオ

ハルオ

194○年生まれ。山田がよく通った和風創作居酒屋を経営していた過去を持つ。荒木式断糖肉食ダイエットを実践するかたわら、断糖コラムを担当。荒木式断糖肉食ダイエット開始1ヶ月で血糖値が270台から120台まで劇的に低下。体重も1ヶ月で6kg減。往年の名プロレスラー、ザ・デストロイヤーさんとは無二の親友という経歴をもつ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。今回の記事になにか感じるものがありましたら、下記のソーシャルメディアを使ってシェア・保存をしていただけると嬉しいです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。