1. ホーム
  2. コラム
  3. リンパダイエット・ボディスタのナイショ話
  4. ≫リンパと血液の性質や役割の違い

リンパと血液の性質や役割の違い

おはようございます!CBIREのボディスタ、リンパ記事担当・まる子です。

今回は「リンパと血液の性質や役割の違い」というお話を皆さんとシェアしたいと思います。

いつものことですが、要点をギュっとまとめていますので、短い時間で読み終えることができますよ。それでは早速いきましょう!

リンパと血液の性質や役割の違い

人間の体の中にはリンパ液と血液が流れています。

二つの性質や役割は大きく違い、デトックス効果を得るためにはその違いを理解する必要があります。

血液は心臓から動脈に流れていき、体の隅々にまで栄養や酸素を運んでいます。体の先にある毛細血管を通って指先まで栄養や酸素まで届け終わると、体に必要の無くなった二酸化炭素や老廃物を回収して静脈に運んでいきます。

対してリンパ液は体の組織液中のタンパク質などの栄養を回収していき、回収した栄養を血液の中に合流させる働きがあります。

他にも免疫機能として働き病気の原因となる細菌やウイルスをリンパ節で侵入を防ぐことも行います。体にとって重要な機能である二つの液体ですが、性質は異なります。

心臓がポンプのように働くことで血液は体の隅々に運ばれていくのに対し、リンパ液は循環をしないのです。

リンパ液は心臓へ一方的に巡っていきます。心臓のようなポンプ機能もないことからリンパの通る管であるリンパ管が収縮することで流れていきます。

また、筋肉の働きによっても流れが促されます。つまり筋肉が弱まっていたり、運動不足であると流れが悪くなってしまいます。

流れを良くしてデトックス効果を得るためには、筋肉が必要となってきます。むくんでいるなど流れの悪さを感じたら、ボディスタのマッサージやストレッチなどを行うことによって改善することにつながります。

そして、入浴後にボディスタを行う事で流れをよくするマッサージも有効です。

入浴後にボディスタのマッサージをやる場合には、マッサージオイルやクリームなどを使って肌に負担をかけないように心がけ、気持ちいい程度の力で行っていきます。あまり強い力で揉んでしまったりすると逆に流れが悪くなってしまいます。

リンパの流れが良くなれば、栄養が細胞まで届きやすくなります。栄養が細胞まで届けば新陳代謝なども良くなっていき肌のターンオーバーがスムーズにいきます。

むくみの解消などにもつながり、老廃物を排除して肌トラブルの軽減などにも効果的です。

まとめ

血液は心臓という”ポンプ”があるので循環できる。リンパ液にはポンプがないので循環できない。リンパ液を流すにはやっぽりボディスタが有効!

リンパを流してむくみ解消・小顔・バストアップまで~リンパに興味のあるあなたにピッタリのダイエットDVDはこちら

The following two tabs change content below.
まる子

まる子

198○年生まれ。CBIREで紹介する各種ダイエット教材のモニターを務めるかたわら、コラムや対談記事を執筆。山田の主宰していたキックボクシング教室でダイエットに励んでいた関係で、山田のことを「師匠」と呼ぶ。愛用のダイエット教材は「ボディスタ」。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。今回の記事になにか感じるものがありましたら、下記のソーシャルメディアを使ってシェア・保存をしていただけると嬉しいです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。