1. ホーム
  2. コラム
  3. リンパダイエット・ボディスタのナイショ話
  4. ≫ボディスタのスマホ視聴:Clipboxの実力は?

ボディスタのスマホ視聴:Clipboxの実力は?

ダイエットアドバイザーの山田タカユキです。

今回はダイエットDVDランキングで1位にランクしている「ボディスタ」のスマホ視聴についてレビューしてみたいと思います。

ボディスタの提供形式はDVDディスクの宅配ですが、購入者専用のサポートサイトからはスマホで視聴できるMP4形式の動画をダウンロードすることができます。内容はディスクと全く同じです。

CBIREでも何度か触れていることですが、

内容が全く同じダイエット方法でも、提供形式がDVDディスクなのかデジタルデータなのかで、その継続性に大きな差かでてきます。

ボディスタのMP4動画は、一度ダウンロードしてしまえば、ネット接続していなくても自由に何度でも視聴することができるので非常に便利。

ちょっと時間が空いたときにサッと再生できるので、予習・復習も簡単。結果、継続性にも大きく貢献してくれるというわけですね。

それでは、スマホ視聴に必要な準備から順にお伝えしていきましょう。

スマホ視聴には「Clipbox」が必要

ボディスタの動画は、直接スマホにダウンロードして、スマホに標準インストールされているビューアーで再生できるわけではありません。

まず、「Clipbox」というアプリがスマホにインストールされている必要があります。この「Clipbox」に動画をダウンロードして再生するわけですね。

「Clipbox」にボディスタの動画ファイルをダウンロードする手順はこんな感じです。
http://clipbox-official.com/usages/p/dl3
3ステップでいたって簡単。HDの残量にもよると思いますが、僕は1分ほどで二本の動画全てをダウンロードできました。

下の画像がスマホにダウンロードした「Clipbox」アプリのトップ画面です。①の「マイコレクション」というフォルダにボディスタの動画がダウンロードされています。

②のビールの王冠みたいなボタンが設定ボタンです。

・動画サムネイルの表示/非表示
・連続再生をするかしないか
・終了時間を記憶させるかさせないか

初回に上記の設定を済ませてしまえば、この設定ボタンを使うことはありません。

ボディスタをClipboxで観る1

マイコレクションの下に

・クリップ
・カメラインポート
・知略で挑む盤上遊戯

とありますが、ボディスタの視聴には関係ありませんので、使用することはありません。

②の設定ボタンの左横にいくつかボタンがありますが、同じく視聴には関係ありませんので、使用することはありません。

ボディスタ動画を視聴してみた

それでは動画を再生してみましょう。

上の画像で登場した「マイコレクション」というフォルダをタップすると、ダウンロードされている動画の一覧が出てきます。下の画像がその画面です。

ボディスタをClipboxで観る2

観たい動画をタップすると、すぐに再生が始まります。再生するまでのもたつきが一切なく、タップした瞬間にパッと再生が始まります。

再生中の画面はこんな感じ。

ボディスタをClipboxで観る3

視聴中に使う機能は

・再生、一時停止、スキップ
・早送り、巻き戻し

で十分だと思います。

それ以外に沢山ボタンが表示されていますが、使用せずとも視聴にはなんの問題もありません。

動画の再生は非常になめらかで、固まったりすることは一度もありませんでした。スマホを横にすれば、動画を大画面で見ることができます。

早送り・巻き戻し機能は、指で直接操作するスライダーになっています。こちらも固まったりするようなストレスがなく、直感的に操作ができ、満足のいくものでした。

音量の調節ですが、「Clipbox」には調節の機能は備わっておらず、スマホ側の「メディアの音量」などの項目であらかじめ調節しておくしかありません。

以上、いかがでしたか?

スマホを使っているけど、スマホ視聴のセッティングがまだという方は、是非セッティングしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

・ビューアアプリ「Clipbox」をダウンロードしてからのスマホ視聴は、ネット接続不要。

・再生はなめらか。特に早送り、巻き戻しのスライダーは直感的で使いやすい。

The following two tabs change content below.

山田 タカユキ

日本ダイエット健康協会認定のプロフェッショナル・アドバイザー。1993年~2000年までプロ・キックボクサーとして国内外を転戦。そこで培った各種減量法・コンディショニング法を生かしたアプローチが得意。詳細プロフィールはこちら>>

最後までお読みいただき、ありがとうございました。今回の記事になにか感じるものがありましたら、下記のソーシャルメディアを使ってシェア・保存をしていただけると嬉しいです。