1. ホーム
  2. 評価Cランク DVD一覧
  3. ≫SuperⅢB(スーパー・スリー・ビー):全3巻の口コミと効果

SuperⅢB(スーパー・スリー・ビー):全3巻の口コミと効果

こんにちは。公認ダイエットアドバイザーの山田タカユキです。このページでは日本スタイルエクサ協会会長・KEIKOさんの「SuperⅢB」をレビューしています。

実際に購入して中身を確認してからのレビューですので、他にはない情報がたくさん。最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

※30点満点で評価。利便性とはスペース占有率・騒音の度合を指します。ここの点数が低いとマンションでの実践は困難です。

SuperⅢB(スーパー・スリー・ビー)考案者・KEIKOさんって?

【 KEIKOさんプロフィール 】
2005年、日本体育協会公認スポーツリーダー、 体操インストラクター資格を取得。現在は日本スタイルエクサ協会会長に就任し、滋賀県草津市を中心に、「スタイルエクサ+(プラス)K」普及を通して精力的に活動中。市からの健康セミナー依頼も多数。

SuperⅢBの教材内容

  • 美背中・バストアップ編(68分)
  • 美ウェスト編(67分)
  • 美尻・美脚編(51分)
  • ご利用説明書(紙11枚)
  • 記録シート(紙1枚)
  • 価格は¥17,800

価格はDVD3本セットで¥15,800円。提供形式は宅配便。メールサポート1ヶ月(回数は3回まで)あり。特典映像はそれぞれ本編DVDの前半に収録。

スーパー・スリー・ビー

矯正&弱有酸素エクササイズ

SuperⅢBは、骨盤・股関節・肩甲骨を矯正する目的の体操を、軽い有酸素運動も意識しながら一定時間続けるものです。

巷の有酸素系DVDとは違い、派手に跳ねたりする動作は一切ありませんので、40代・50代の方にもやさしいエクササイズといえます。

ゴムチューブを利用した運動も多数含まれており、筋力の維持・低下防止、リハビリにも効果があるレベルの高いエクササイズです。

目的によって下記のコースが紹介されており、目的によって各DVDの組み合わせ方が違います。

  1. 短期間集中コース
  2. スタンダードコース
  3. ゆっくりコース
  4. 部分集中コース
  5. 維持改善コース

ちなみに公式サイトでも紹介されている収録時間は、特典映像(合計20分程度)を含んだ時間ですので、本編エクササイズの運動時間はもっと短いものとなります。

映像はホームビデオで撮影したような簡素なもの。エクササイズ自体は非常に完成されたものなので、CBIREではマイナス評価の対象とはなりません。ただ、ジリアンやビリー、TRFなどのちゃんとしたスタジオ撮影されたものを見慣れている方には不満が残るかも。

評価AランクDVDとの比較

全体的にエクササイズの紹介だけで成り立っていて、どのような理論と根拠があって公式サイトで謳っている効果が期待できるのかが解説されていません。公式ページで最大の秘密のように書かれている「拇指球」に関する解説や実際の使い方もレクチャーされていません。

DVDの他に、効果的な使い方、食事に関しての注意点、Q&A集、記録シートなどが記載された「ご利用説明書」というものが付属していますが、10枚ほどのコピー用紙に各項目をまとめてあるので、個々の内容は驚くほどに簡素。

記録シートに至っては、コピー用紙に印刷されたものが1枚付属しているだけですので、あとは購入者が自分でコピーして用意するしかありません。

また、各コースの説明が簡素なので(部分集中コースの説明はたったの二行)、必然的に消費者からの質問は多くなると思うのですが、サポートは一ヶ月限定で、その間に3回だけという矛盾した内容です。

日本スタイルエクサ協会は、立派な公式サイトを作るスキルがあるのですから、購入者専用サイトを作って、そこで理論や根拠を説明したり、Q&Aを設けたり、必要なファイルをダウンロードできるようにすることはワケないと思うのですが、それをせずに10枚程度のコピー用紙で済ませるところに手抜き感・チープ感が漂います。

CBIREのランキング・ベスト3はこういった点をすべてクリアしているDVDです。

価格を下げるか、値段相応のレベルまで肉付けするかのどちらかにしたほうが、価格と内容がマッチするのではないでしょうか。現状では¥15,800円も出して購入した消費者に少々不満が残るのではないかと思います。

イチオシではないのでリンクはしておりません
CBIREが推奨するAランクのDVDはこちら>>

The following two tabs change content below.

山田 タカユキ

日本ダイエット健康協会認定のプロフェッショナル・アドバイザー。1993年~2000年までプロ・キックボクサーとして国内外を転戦。そこで培った各種減量法・コンディショニング法を生かしたアプローチが得意。詳細プロフィールはこちら>>

最後までお読みいただき、ありがとうございました。今回の記事になにか感じるものがありましたら、下記のソーシャルメディアを使ってシェア・保存をしていただけると嬉しいです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。