1. ホーム
  2. 評価Bランク DVD一覧
  3. ≫カーヴィー・ダンスで即やせるの口コミと効果

カーヴィー・ダンスで即やせるの口コミと効果

こんにちは。公認ダイエットアドバイザーの山田タカユキです。このページでは樫木裕実さん監修の「カーヴィー・ダンスで即やせる」をレビューしています。

実際に購入して中身を確認してからのレビューですので、他にはない情報がたくさん。最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

ダイエットDVD評価ポイント※30点満点で評価。利便性とはスペース占有率・騒音の度合を指します。ここの点数が低いとマンションでの実践は困難です。

優秀なDVDに流行は関係なし

CBIREの運営をスタートしたときには、このカーヴィー・ダンスのブームはとうの昔に過ぎ去っていました。「なぜ、いまごろになってカーヴィー・ダンスなの?」と思われるかも知れませんが、優秀なダイエットDVDに流行りは関係ありません。

ブームの真っ只中で最先端のダイエットとメディアで紹介されているダイエット方法でも、僕から見れば「使えないな」と思うものもありますし、その逆のケースもあります。そういった意味でカーヴィー・ダンスは、条件つきではありますが「使えるDVD」だと思いましたので、以下におすすめポイントを挙げてみたいと思います。

絶妙な言い回し、トークが秀逸

カーヴィー・ダンスで一番秀逸なポイントは、樫木裕実さんのトークのうまさです。何度も書いているように、こういったダンス系のDVDはコレクションDVDとして使うしか使い道はありません。ですので、ダイエット効果よりも「また見たいと思えるかどうか」のほうが重要です。

樫木さんの意思疎通がしやすい言葉を多用した言い回し、置いてきぼり感がないアットホームなしゃべりは、視聴者をグングン引っ張っていくので、やってるほうも楽なんですよ。これが、コアリズムやヤーナリズムみたいに吹替えになってると、微妙なズレ・わざとらしさが前面に出てしまってやる気が萎えてしまいます。

樫木裕実・カーヴィー・ダンスで即痩せる

DNAを覚醒させる叙事詩的リズム

カーヴィー・ダンスはウェストの動きを意識した体系ですので、よくコアリズムと比較されます。個人的にはカーヴィー・ダンスのほうが日本人向けにアレンジしてあって、全ての面でカーヴィー・ダンスのほうが優っていると思います。なぜなら腰の動き自体は同じでも、その動かす「リズム」が日本人向けにアレンジされているからです。

日本のお祭りで披露される、伝統的な踊りのリズムといえばいいでしょうか、日本人のDNAに眠っている叙事詩的なリズムを取り入れています。だから懐かしさや癒しの感情が揺り動かされ、また見たくなっちゃう。ご年配の方にも人気があるのはこういった部分にあるかも知れません。ここは樫木さんの才能ですね、脱帽です。

居住環境への配慮も優秀

そしてスペースの占有率でも優秀です。コアリズムやヤーナリズムが前後左右・縦横無尽に五歩も六歩も移動するのに対し、カーヴィー・ダンスの移動面積は前後左右に一歩だけ。この辺も日本の居住環境に配慮した作りになっています。

また、ジリアン・マイケルズのように飛んだり跳ねたりといった動きもありませんのでカラダへの負担も小さく、コアリズムのように靴を履かなくても十分にこなせるスピード感ですから、騒音クレームの心配もグンと低くなりますね。

たまにコアリズムのほうが良かったという口コミを見ますが、レビューページにも書いたように、靴を履いてないがゆえに超スローペースでやっているため、カラダへの負担がなく継続できているのだと推測します。

樫木裕実・カーヴィー・ダンスで即痩せる

コスパも良し。条件付でBランク

この「カーヴィー・ダンスで即痩せる」は撮影アングルが前・横と多彩、注意ポイントが常に字幕で出ている等々、手抜き感が少ないDVDです。しかもDVD付きムック形式ですので、冊子で理論(それほど詳しい記述はありませんが)を学ぶこともできます。

その割にはブームは過ぎ去っており、amazonでは200~300円で売っていますから、コスパは非常に高いといえます。AランクのDVDのようにそれ一本に依存して痩せるのは到底ムリですが、コレクションDVDとして使ったり、ダイエット倦怠期の暇つぶしに使うという条件つきなら十分に元は取れるのではないかと思います。

このDVDは、イチオシではありませんのでリンクはしておりません。
CBIREが推奨するAランクのDVDはこちら>>

The following two tabs change content below.

山田 タカユキ

日本ダイエット健康協会認定のプロフェッショナル・アドバイザー。1993年~2000年までプロ・キックボクサーとして国内外を転戦。そこで培った各種減量法・コンディショニング法を生かしたアプローチが得意。詳細プロフィールはこちら>>

最後までお読みいただき、ありがとうございました。今回の記事になにか感じるものがありましたら、下記のソーシャルメディアを使ってシェア・保存をしていただけると嬉しいです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。